• ガス料金の適用される料金表について

    ガス料金とは月ごとの使用量に応じて一定額を支払う基本料金とガス使用量1平方メートルあたりにつき支払う従量料金を合計した金額になります。契約のガス料金プランや対象月のガス使用量によって適用となる料金表は基本料金や単位料金を合計したもので決まります。

    例として一般料金で対象月の使用量が32平方メートルの場合他のものが対象となります。


    単位料金に関しては原料費調整制度によって毎月変動があります。

    ガス料金の情報収集がもっと楽になります。

    多くのガスメーターにはマイコンが内蔵されていることが多く、常に使用状況を監視しています。

    マイコンが何らかの異常を感知することでガスを自動的に遮断しているような場合には表示ランプを点滅させます。



    検診時にはこのような表示ランプの点滅を発見した場合やガスメーター付近でガス臭を確認した場合などは直ちに保安担当部署などに連絡するなど適切に対処しています。ガス会社ではガスの使用量を算定するために毎月1回検診を行なっています。


    検診はガス会社の定めた日に行っていて検診日の指定は受けることができません。また利用者が暮らしに役立つような有益な情報なども届けて信頼関係などもしっかりと深めることができるように努めていることが多いです。



    託送料金相当額は定額基本料金や従量料金を合計している金額になります。
    そして、適用される定額基本料金や従量料金単価は月ごとにガス使用量に応じて決めています。
    適用されるガス料金表に関して疑問があるときには担当会社の従業員やコールセンターにて問い合わせることができます。